緊急情報

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に関する支援

美瑛町役場 >  まちの概要 >  美瑛の産業 >  新型コロナウイルス感染症に関する支援

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う支援について

子育て世帯及び高齢者に対する支援事業

美瑛町では新型コロナウイルス感染症対策の支援策として、子育て世帯及び高齢者に対する支援事業を行います。
チラシ
クリックすると拡大します。
問い合わせ先
子育て世帯に対する支援
保健福祉課 子ども福祉・相談係
0166-92-4264

高齢者に対する支援
保健福祉課 社会係
0166-92-4245

ひとり親世帯臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響により、ひとり親世帯の収入の減少に対する支援を行うため、臨時特別給付金を支給します。支給には「基本給付」と「追加給付」があります。
ひとり親世帯臨時特別給付金チラシPDF(390.21 KB)
支給要件確認フローチャートPDF(434.20 KB)

対象者及び支給額

(1)令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方

【基本給付】支給日が決定しだい掲載します。
令和2年6月分の児童扶養手当の受給者には1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円を支給します。申請の必要はありませんが、支給対象者が、給付金の支給を希望しない方は令和2年8月18日(火)までに保健福祉課7番窓口まで申出ください。
 
【追加給付】申請受付後に審査のうえ決定し、随時支給予定
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が大きく減少しているとの申し出があった場合は、さらに1世帯5万円を追加で支給します。こちらは申請が必要です。

(2)年金等を受けていることにより児童扶養手当の支給を受けられない方

【基本給付】申請受付後に審査のうえ決定し、随時支給予定
公的年金等(非課税のものを含む)を受給されている方は、その受給額を含み、平成30年中の収入額が児童扶養手当を受けられる水準を下回る場合に、1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円を支給します。
 
【追加給付】申請受付後に審査のうえ決定し、随時支給予定
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が大きく減少しているとの申し出があった場合は、さらに1世帯5万円を追加で支給します。支給を受けるためには申請が必要です。

(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、直近の収入が減少した方

【基本給付】申請受付後に審査のうえ決定し、随時支給予定
児童扶養手当を受けていないひとり親の方(所得超過によって手当額が全額停止となっている方を含みます)で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、児童扶養手当を受けられる水準まで収入が下がった場合に、1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円を支給します。支給を受けるには申請が必要です。

お手続き

上記(1)~(3)の対象者は北海道のホームページから必要書類をご確認いただくか、保健福祉課までお問い合わせください。    

申請期間

令和2年8月3日(月)から令和3年2月26日(金)まで

提出先及びお問い合わせ先

〒071-0292
美瑛町本町4丁目6番1号
美瑛町役場保健福祉課 子ども・子育て支援室 子ども福祉・相談係
TEL:0166-92-4262

持続化給付金申請サポート窓口の開設について

現在国が実施している「持続化給付金」(法人上限200万円、個人事業者上限100万円を支給する制度)は「電子申請(パソコン・スマホ)」もしくは「申請サポートセンター(旭川市)」での申請となっていますが、ご自身で電子申請を行うことが困難な方のために、申請サポート会場を美瑛町商工会に設置し、電子申請のサポートをします。
なお、感染拡大防止のため予約制となっています。
詳しくはこちらPDF(148.85 KB)をご覧ください。
お問合せ
美瑛町商工会
電話 0166-92-1175
 

子育て世帯の生活を支援するために一時金を支給します!

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策において、子育て世帯に関しては児童手当(本則給付)を受給する世帯に対し、その対象児童1人あたり1万円の臨時特別給付金を支給することとなりました。支給対象者や申請方法等については、以下のとおりです。

支給対象者

  • 令和2年4月分の児童手当を受給している方
対象児童は、令和2年3月31日までに生まれた児童であり、3月まで中学生だった児童(新高校1年生等)も含みます。
※児童手当(本則給付)を受給している方のみ対象となるため、特例給付(月額5千円)の方は対象となりません。

支給額

  • 対象児童1人あたり1万円
※児童手当を支給している口座に振り込みます。

支給日

一般受給者の方

令和2年5月28日(木)

公務員の方

申請受理後、随時支給します。

申請方法

一般受給者の方

5月初旬に通知文書を郵送します。申請の手続きは必要ありませんが、給付金の受け取りを拒否する方や、振込先口座を変更したい方はお問い合わせください。

公務員の方

所属長が支給対象者であると証明した上で、本人が居住市町村に申請してください。
申請期限
令和2年9月30日(水)まで

パンフレット

子育て世帯への臨時特別給付金PDF(774.46 KB)
お問い合わせ先
美瑛町役場保健福祉課 子ども・子育て支援室 子ども福祉・相談係
0166-92-4262

消費活性化対策

経済的影響が大きい町内宿泊業・飲食店に対し、経済支援を行うとともに、町民への消費喚起・消費拡大対策を行います。

町民利用クーポン券の配布

町内の宿泊施設および飲食店限定で使える、町民1人5,000円分のクーポン券を発行し、消費喚起を促します。

配布内訳

町内宿泊施設利用券3,000円×1枚、町内飲食店利用券1,000円×2枚

配布方法

4月末までに発行予定

使用期限

令和2年12月31日まで
お問い合せ
商工観光交流課 電話 0166-92-4321

プレミアム付商品券の発行

町内の消費落ち込みに対応するため、町民向けと町外者向けのプレミアム付商品券を発行し、町内消費の活性化を図ります。

町民向け商品券

プレミアム率は30%! 13,000円分の商品券が、10,000円で購入できます。
【商品券内訳】500円券×26枚(うち3枚は大型店用)
【購入限度額】1人5万円、1世帯30万円まで
【使用期間】令和2年6月1日~12月31日まで
※販売方法や期間など詳しくは、広報びえい5月号折込チラシをご覧ください。

町外者向け商品券

プレミアム率は25%!2,500円分の商品券が、2,000円で購入できます。
 【商品券内訳】500円券×5枚(大型店用なし)
 【購入限度額】1人2万円まで
 【使用期間】令和2年7月1日(予定)から令和3年2月28日まで
※販売方法や期間など詳しくは、美瑛町観光協会ホームページをご覧ください。
お問い合せ
美瑛町商工会 電話 0166-92-1175
商工観光交流課 電話 0166-92-4321

「休業協力・感染リスク低減支援金」の上乗せ支援金について

北海道の休業等要請に応じ、支援金の申請を予定している町内の事業所には、美瑛町独自の上乗せ支援金を支給します。
詳しくはこちらPDF(77.81 KB)をご覧ください。

美瑛町経営持続化支援事業

美瑛町では美瑛町経営持続化支援事業補助金要綱に基づき、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響を受け、厳しい経営状況に置かれている町内事業者等に対して持続可能な経営維持を目的に支援事業を実施します。
詳しくはこちらPDF(161.09 KB)をご覧ください。
美瑛町経営持続化支援事業(一時給付金)交付申請書DOCX(25.13 KB)
美瑛町経営持続化支援事業(一時給付金)交付申請書PDF(158.18 KB) (記載例)PDF(152.34 KB)
町外事業者(法人・個人事業所)美瑛町民雇用状況報告書DOCX(18.31 KB)
町外事業者(法人・個人事業所)美瑛町民雇用状況報告書PDF(84.51 KB)
美瑛町経営持続化支援事業(経営継続支援)補助金交付申請書DOCX(24.98 KB)
美瑛町経営持続化支援事業(経営継続支援)補助金交付申請書PDF(147.41 KB) (記載例)PDF(243.41 KB)

経済産業省の支援策

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆さまへの支援策をご紹介します。
新型コロナウイルス感染症関連(経済産業省ホームページ)

持続化給付金について

感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金が国から支給されます。

給付額

法人200万円、個人事業者は100万円
※ただし、昨年1年間の売り上げからの減少分を上限とします。

給付対象

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響により、ひと月の売り上げが前年同月比で50%以上減少している。
  2. 2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思がある事業者
  3. 資本金額または出資総額10億円未満、または常時使用する従業員数が2千人以下である法人

申請方法

5月1日から「持続化給付金」事務局ホームページから申請できます。

経営支援対策

美瑛町緊急経営支援対策事業

美瑛町では、新型コロナウイルス感染症の流行による影響を受けた、中小企業者等の皆様の経営安定を図るための融資制度を創設しました。 

リーフレット(PDF)PDF(66.94 KB)
リーフレット(Word)DOCX(33.11 KB)

融資対象、融資条件

融資対象

新型コロナウイルス感染症の流行により直接的または間接的な影響を受け、原則として直近1か月間の売上高等が前年同月比10%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比10%以上減少することが見込まれる町内の中小企業等。

※町税の滞納のないものに限ります

融資限度額

500万円以内

資金使途

運転資金

融資期間

7年以内(うち据置期間2年以内)

償還方法

金融機関の定めるところによります

融資利率

固定金利1.0% ※全額を利子補給します

信用保証

すべて信用保証協会の保証付とします

※信用保証料は全額を補給します

取扱金融機関

北海道銀行美瑛支店(旭川支店) 旭川信用金庫美瑛支店

取扱期間

令和2年3月19日から令和2年9月30日(予定)

お問い合せ
商工観光交流課 電話 0166-92-4321

公共料金(水道料、下水道使用料及び泉源使用料)の減免

1.水道料、下水道使用料

【対象者】営業、浴場営業用、プール、旅館の水道用途の届出をしている者
【減免内容】令和2年度を前後期に分け、前期は3~4月の売上高の計を前年同月売上高と比較し、後期は9~10月の売上高の計を同方法により比較、その減少割合により期間中(前期:3~8月使用分、後期:9~2月使用分)の上下水道料金の減免を決定します。期間中の新規・異動(減免率)申請についても随時受け付けます。
【減免割合】
1.減少割合30%以上50%未満 1/2免除
2.減少割合50%以上 全額免除
【減免期間】
令和2年度

2.泉源使用料

【対象者】鉱泉浴場を経営する泉源使用者
【減免内容】減免を受けようとする月の前月宿泊者数を過去3か年の平均と比較し、その減少割合により決定します。
【減免割合】
1.減少割合20%以上30%未満 1/3免除
2.
減少割合30%以上50%未満 1/2免除
3.
減少割合50%以上 全額免除
【減免期間】令和2年3月の泉源使用料を適用始期とし、当面の間継続する。
上記1・2の対象者には、町から別途ご案内します。
お問い合せ
建設水道課 水道整備室 電話 0166-92-4470

し尿汲み取り手数料の減免について

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、売上高が減少している町内の中小企業者等への救済措置として売上高の減少割合に応じて、し尿や浄化槽汚泥の汲み取りに係るし尿汲取手数料の減免を実施します。
対象者
  • 町内で事業を経営する中小企業者等
  • 美瑛町水道事業の用途区分が営業用又は旅館用となっていること。
減免内容
し尿汲み取りを行った前月以前の売上高算出期間において任意の連続する2か月間の売上高を前年同月と比較し、その減少割合により減免を決定。(減免期間:令和2年度)
  • 減少割合が30%以上50%未満の場合…1/2を免除
  • 減少割合が50%以上の場合…全額免除
お問い合せ
住民生活課 電話 0166-92-4294

町税の徴収猶予制度の特例

新型コロナウイルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、以下の1、2の要件いずれにも該当する場合に1年間、町税の徴収の猶予を受けることができます。
担保の提供は不要です。延滞金もかかりません。お早めに税務課にお電話でご相談ください。

対象者

1.新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
2.一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること。

対象となる税目

令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する法人町民税、町道民税、固定資産税、軽自動車税等の町税
 ※すでに納期限が過ぎている未納の町税についても、遡ってこの特例を利用することができます。

詳しい手続きについてはこちらをご覧ください。
 
お問い合せ
税務課 電話 0166-92-4298

北海道の支援策

休業協力・感染リスク低減支援金について

北海道では新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、休業等の要請にご協力いただき、感染リスクを低減する自主的な取り組みを行う事業者に対し、支援金を給付しています。

申請受付期間

令和2年4月30日(木)~同7月31日(金)

対象施設・支給額

休業要請を受けた施設を休業した法人は30万円、個人事業者は20万円
酒類を提供する上記を除く飲食店において、酒類の提供時間を短縮(19時まで)を行った事業所は10万円
いずれも、合わせて感染リスクを低減する自主的な取り組みを行うこと
「休業協力・感染リスク低減支援金」について(北海道ホームページ)

新型コロナウイルス感染症対策関連制度(業務)一覧【R2.7.31現在】

所管 対象者 No. 制度名 対象者 制度概要 問い合わせ先
町内事業者等 1 持続化給付金
(経済産業省)
フリーランスを含む個人事業主及び法人等 売上が50%以上減少した事業者に法人200万円、個人事業者100万円を限度に給付 持続化給付金申請サポート窓口
美瑛町商工会
0166-92-1175
1 休業協力・感染リスク低減支援金(町上乗せ) 休業要請または酒類の提供時間短縮要請に協力した事業者 道の制度に上乗せ
個人事業者10万円上乗せ
酒類提供19時まで20万円上乗せ
商工観光交流課
0166-92-4321
2 美瑛町経営持続化支援事業(一時給付金) 宿泊業・飲食業・交通事業 該当する業種・業態の事業者に20万円を給付 商工観光交流課
0166-92-4321
3 美瑛町経営持続化支援事業(経営継続支援給付金) 町内の事業者 3月~5月のうち2か月間の売上が30%以上減少した事業者に減少額の1/2を助成。
(業種により20万円、30万円を給付)
商工観光交流課
0166-92-4321
4 緊急経営支援対策特別融資貸付金 町内の中小企業等 500万円以内の運転資金を融資、利子・信用保証料の全額を町が全額助成 商工観光交流課
0166-92-4321
5 水道料、下水道使用料、泉源使用料の減免 町内事業者 売上高や宿泊者数の減少割合に応じて各種公共料金を減免 建設水道課水道整備室
0166-92-4470
6 し尿汲み取り手数料の減免 町内事業者 売上高の減少割合に応じてし尿汲み取り料を減免 住民生活課
0166-92-4294
7 飲食店等感染予防対策事業 町内事業者 宿泊・飲食・交通・小売業などの事業者に対し、感染予防のためのアルコール消毒液の無料配布を行う。 商工観光交流課
0166-92-4321
8 テレワーク導入推進事業 町外事業者 テレワークを進める企業や個人事業主を募集し、本格実施に向けた実証実験とヒアリング調査を行う。 まちづくり推進課
0166-92-4330
事業者及び町民 9 町税の徴収猶予制度の特例 減収となった美瑛町民及び町内事業者 無担保かつ延滞金なしで、1年間徴収猶予できる特例を設ける 税務課
0166-92-4298
10 新型コロナウイルスに関連する申請書類に係る証明手数料免除 美瑛町民
町内事業者
美瑛町役場で発行する住民票、納税証明書等、新型コロナウイルス対策支援申請に関連する書類の発行手数料を免除。 税務課
0166-92-4298
住民生活課
0166-92-4295
町民(観光客) 11 町民利用クーポン券配布事業 美瑛町民 町内登録飲食店及び宿泊施設で使えるクーポン券の配布 商工観光交流課
0166-92-4321
12 プレミアム付商品券発行事業 美瑛町民
観光客
町内消費喚起のためのプレミアム商品券の発行
(プレミアム率町民30%、町外25%)
商工観光交流課
0166-92-4321
13 特別定額給付金 4月27日時点で美瑛町に住民登録がある方 対象者一人当たり10万円を世帯主にまとめて給付 総務課危機対策室
0166-92-4316
14 子育て世帯への臨時特別給付金 特定給付を除く児童手当の受給者 対象者一人当たり1万円を給付 保健福祉課
0166-92-4262
15 マスク配布事業 5月22日時点で美瑛町に住民登録がある方 対象者一人当たりマスク20枚を世帯主に郵送(5月下旬から送付予定) 保健福祉課
0166-92-4262
16 町民健康相談 美瑛町民 新型コロナウイルス感染症に関する健康相談に関すること 保健センター
0166-92-7000
17 どんぐり保育園一時預かり、子育て支援センター相談事業 美瑛町民 期間中のどんぐり保育園一時預かり無償化及び子ども支援センター子育て相談を実施(いずれも予約制) 保健福祉課
0166-92-4262
18 観光誘客支援事業 美瑛町民
観光客
「びえい割」の実施(3,000円割引)
町内観光施設循環バスの感染症防止対策、観光客誘致のための広告宣伝
商工観光交流課
0166-92-4321
19 オンライン診療及び相談業務 美瑛町民(特別養護老人ホーム等利用者) 相談室「菜の花」と町内介護施設をオンラインで結び、診療と相談業務を実施。 商工観光交流課
0166-92-4321
20 New
子育て世帯生活支援事業
美瑛町民(0歳から高校生まで) 新型コロナウイルス感染症の影響による休校、休園などにより家計負担が増加した子育て世帯への支援。一人2万円の商品券を配布。 保健福祉課
0166-92-4262
21 New
出生特別支援事業
美瑛町民で令和2年4月28日から令和3年3月31日までに生まれた新生児の保護者 国の定額給付金の対象とならない国の基準日以降に生まれた新生児を対象に町内の子育て世帯への支援として、一人10万円の給付金を世帯主に支給する。 保健福祉課
0166-92-4262
22 New
高齢者支援事業
美瑛町民(75歳以上の高齢者) 敬老会は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止のため、長寿のお祝いとして一人2千円分の商品券を配布する。 保健福祉課
0166-92-4262
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

美瑛の産業

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る