ここから本文です。

お知らせ

美瑛町役場 >  町政情報 >  広報 >  お知らせ >  美瑛町写真映像協会設立

美瑛町写真映像協会設立

 丘のまち美瑛 景観・写真国際フォーラム2019

 昨年初開催いたしました「丘のまち美瑛 景観・写真国際フォーラム2018」を、今年度も以下のとおり開催いたします。



 10月22日(火)~11月18日(日)の間写真展とスタンプラリーを開催しております。

また、11月17日(土)には招待写真家田中和義氏による基調講演や佐々木広人氏をお招きして美瑛町における写真撮影のマナー・ルール等についてパネルディスカッションなどを行います。是非ご来場ください。

詳しくは、NPO法人美瑛町写真映像協会HPへ

 

第2回北海道デジタルフォトコンテスト


開催概要

美瑛町では、美瑛の撮影マナー「美瑛ルール」を守り、北海道内で撮影された作品を募集します! 北海道の雄大な自然や、生活の営みにより形成されてきたその土地ならではの景観・環境などを切り撮った作品を是非ご応募ください。 受賞作品は、2019年10月下旬以降に当フォトコンテスト結果発表ページにおいて発表いたします。また、2019年10月22日~11月17日に北海道美瑛町で開催する「丘のまち美瑛 景観・写真国際フォーラム2019」の写真展にて受賞作品を展示させていただきます。 たくさんのご応募をお待ちしております!

応募期間

2019年9月3日(火)から2019年10月7日(月)15:00

応募テーマ

北海道の自然や生活・農業の営みにより形成されてきたその土地ならではの景観
 

対象エリア

北海道内
 

応募条件

・「美瑛ルール」を守って撮影すること
・応募要項に同意頂ける方

※プロ・アマ、居住地、年齢、性別、国籍を問いません。
※本キャンペーンに関与している企業や団体等に勤務する方もご応募できます。
 

応募ページ

 https://biei.tokyocameraclub.com/contest2019/
 

特定非営利活動法人美瑛町写真映像協会設立

総会時の写真
昨年4月29日に「丘のまち美瑛 景観・写真国際フォーラム2017」を開催し、美瑛町の美しい農村景観を守り育み、次の世代に引き継ぐために、美瑛町での写真撮影におけるルールの構築を目指して取り組むことを宣言しました。
フォーラム終了後、美瑛を応援する方々から、SNSやホームページを通じてルールに関するさまざまな投稿をいただいており、今後に生かすためルールづくりを始めています。
その推進団体として、12月21日に写真家や愛好家などによる「特定非営利活動法人美瑛町写真映像協会」が設立され、会長には美瑛写交会の飯田博志氏を選任しました。今後ともよろしくお願いします。
 
道の駅「丘のくら」に新設された2階ギャラリーでは、町内の写真家が撮影した美瑛の美しい写真を展示していますので、ぜひご覧ください。入場料は無料です。
  
 

撮影マナー・ルール

写真・映像撮影にあたってご協力ください

 丘のまち美瑛は、十勝岳連峰を背景とした雄大な自然と農業生産の場である広大な畑、山林等が一体となり季節ごとに変化するパッチワークのような農業景観そのものが観光資源となっています。丘の個性あるれる農業景観をつくり出し、保全しているのもこの地域で暮らす農業者の皆さんです。

 丘の景観を楽しみ、この地域で写真・映像を撮影される方々に、農業者の生産活動を妨げるような行為を慎んでいただきますようお願いいたします。また、写真や映像を撮影する際は、互いに譲り合い、マナーとルールを守って下さい。

 たいせつな農業景観を将来に継承するため、私たちと共に地域と協働した景観保全活動に、是非ご協力下さい。

 ←撮影ルール・マナーについて詳細についてはこちらをクリック



 

丘のまち美瑛の農業と景観を保つために

美瑛町の撮影ルールについて、ご意見を募集しています。
詳しくは以下のページをご覧ください。
美瑛町写真映像協会公式ホームページ
 


お問い合わせ

経済文化振興課
電話:0166-92-4321

お知らせ

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る