お知らせ

【訓練】十勝岳噴火総合防災訓練の実施について

毎年実施しております「十勝岳噴火総合防災訓練」を2月20日(水)~21日(木)の2日間で実施します。※21日(木)は、十勝岳の噴火を想定した緊急速報「エリアメール」を全4回配信予定です。(エリアメールは町内全域に配信されます。)ご迷惑をお掛けしますが、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

ここから本文です。

移住・定住

美瑛町役場 >  移住・定住 >  びえい暮らしQ&A

びえい暮らしQ&A

Q1 冬の寒さが心配です

A 真冬では1日中氷点下ということも多く、どうしても屋外での活動が限られてきます。
ですが屋内の寒さ対策はしっかりしており、断熱効果の高い北海道の家は暖かい室温を効果的に保てるようになっています。
家の構造

Q2 雪かきはどのくらい大変ですか

A 公道は自治体で除雪をしますので、私道と家の周りの雪かきが必要です。湿気の少ない軽い雪なので、積もってすぐであれば比較的作業は楽です。敷地の広い家や高齢者では、小型除雪機を使ったり、地域の人に頼んだりすることもあります。屋根はめったに雪下ろしをしなくてもすむ形状の家が多いです。
スノーダンプ

Q3 冬の暖房費はどのくらいかかりますか

A 家の広さや断熱性能などにもよりますが、戸建て住宅で灯油ストーブの場合、ひと月2万5千~4万円程度。オール電化の場合2万~3万円程度を目安とお考え下さい。冬の光熱費はかかりますが、夏は過ごしやすいためクーラーを使わない家庭も多いです。

Q4 冬の楽しみは何がありますか

A 近場のスキー場がいくつかあり、ウインタースポーツが気軽にできる環境です。
また、雪の中を歩きながら自然観察をするスノートレッキングのツアーもあります。イベントも盛んで、雪や氷をテーマにした色々な催しが町内外で開催されます。
スノートレッキング

Q5 移住した人はどんな仕事をしていますか

A 風景に憧れて移住してきた人ではペンションなど観光関係の仕事をされたりお店を持ったりしている場合が多いです。近年では、就農支援制度を活用して農業を始める人もいます。

Q6 仕事を紹介して欲しい

A 以下の各団体にお問い合わせください。美瑛町では人手不足な企業も多くあり、町内での就業も可能な場合があります。また、就業に関する相談窓口や技能訓練などもありますのでお気軽にご相談ください。
ハローワーク旭川
TEL 0166-51-0176
北海道人材誘致推進協議会
TEL 011-251-3896

Q7 美瑛で農業をやってみたい

A 新規就農希望者のために、研修や助成金などの支援制度を設けています。支援を受けるには条件等がありますのでまずはお問合わせください。

Q8 賃貸住宅や中古住宅を探したいのですが

A 現在、美瑛町内では賃貸・売買物件共に数は少なめとなっています。公営・町営住宅は抽選になりますが町で申込みを受け付けています。また、移住情報サイトで空き家物件などを紹介しています。
美瑛町役場住民生活課町営住宅係
TEL 0166-92-4330
一般財団法人 丘のまちびえい活性化協会
TEL 0166-92-5677

Q9 丘の上に家を建てて住みたいのですが

A 美しい景観を守るため、景観条例で開発や建物の建設などに一定の制限を設けています。町では移住者向けの住宅団地や宅地を保有していますが、ご自分で土地を探して家を建てられる場合は事前に条例に沿った手続き等が必要になる場合があります。
丘の景観
 
美瑛町役場政策調整課
TEL 0166-92-4330

Q10 マイカーは必要ですか

A 公共交通機関もありますが、利便性を考えてほとんどの家庭でマイカーを所有しています。駐車料金や駐車スペースに悩むことは少なく、1人1台という家庭も珍しくありません。寒冷地仕様車であれば、より安心です。

Q11 冬道の運転が不安です

A 冬は道路が凍結するため、スピードを出しすぎない、急ブレーキや急ハンドルは避けるなど皆が安全運転を心掛けています。冬道期間のスタッドレスタイヤの装着は必須です。
練習のために自動車教習所の冬道講習(夏でも受講可)を受けることもできます。

Q12 医療機関と教育機関について教えてください

A 医療機関については医療施設、教育機関については小学校・中学校のページをご参照ください。

Q13 インターネット環境について知りたい

A 美瑛町では、町内のほぼ全域が光インターネットのサービス対象エリアとなっております。なお、新規のお申し込みは接続工事に期間を要する場合がありますので、あらかじめご了承願います。

Q14 買い物できる所はありますか

A 町内にはスーパーマーケットが2軒、コンビニエンスストアが4軒、その他商店街やドラッグストアなどのほとんどが美瑛駅周辺に集まっており、生活必需品が揃うため普段の生活には不便はありません。より多い品揃えなどを求めて旭川市へ足を伸ばすこともできます。

Q15 自然災害のリスクは

A 美瑛町のある北海道上川地方は、地震や台風などの自然災害が全国でも少ない地域となっています。また近年各地で問題となっている豪雨による洪水なども、林や畑の多い(保水力のある)美瑛町では心配が少ないといえます。十勝岳は活火山ですが、1963年以降は大きな噴火はなく、人的被害もなく、防災対策は万全です。

Q16 移住を決める前にお試しで住んでみたい

A いきなり移住ではハードルが高いという方に、実際に短期間美瑛に住みながら地域を体験できる施設があります。詳しくは住まいのページをご覧ください。

Q17 地域の暮らしになじむには

A 美瑛の人は移住者の受け入れには比較的寛容です。しかし、農村地域に共通して言えることですが、集落の人同士がお互い助け合って生活しているということです。“田舎で干渉されずに過ごしたい”という人には向かないかもしれません。
ぜひ、地域行事に参加するなど積極的に地元の人と関わりを持ってください。分からないことがあれば気軽に聞いてください。そうすれば地域の人と打ち解け、あなたにとって美瑛がきっと住みやすい町になることと思います。
花いっぱい運動
 

Q18 移住前、移住後に相談できる所はありますか

A 美瑛町では移住情報ワンストップ窓口を設け、移住希望者への情報提供などを行っています。
美瑛町役場経済文化振興課
TEL 0166-92-4321
一般財団法人 丘のまちびえい活性化協会
TEL 0166-92-5677

Q19 美瑛町での起業支援制度はありますか

A 起業・開業に関する各種補助金、融資制度があります※ただし起業する場所の制限があります。
詳しくは美瑛の商工業のページをご覧ください。

 Q20 美瑛で家の購入を検討していますが、助成制度はありますか

A 美瑛町定住住宅取得助成制度があります。要件を満たしている場合、新築・中古住宅どちらでも助成されます。
各種要件がありますので、美瑛町定住住宅取得助成制度のページをご確認ください。
一般財団法人 丘のまちびえい活性化協会
TEL 0166-92-5677

移住・定住

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る