ここから本文です。

移住・定住

美瑛町役場 >  移住・定住 >  びえいテレワーク

びえいテレワーク

美瑛でテレワーク【美瑛町テレワーク推進事業)

 コロナ禍などによる働き方が変わり地方への関心が高まる中、美瑛町で実際に暮らしながら、充実したワークライフバランスを体感いただく、都市部から離れたまちでも業務が行えるテレワークを推進しています。
 この事業を通じ、美瑛町と多様な関わりを持っていただく関係人口の創出なども目的としていますので、景観と食がおいしく生活しやすい環境の美瑛町で、テレワークを実践していただける企業や個人事業主の方をお待ちしています。
令和2年度 テレワークモニター体験記

 
令和3年度 テレワークモニター感想
 
 

令和4年度 「びえいでテレワーク」の受付を開始します!!

旭川空港から約15分の立地の良い美瑛町で、仕事と余暇の切り替えをしながら効率よく、普段のお仕事をテレワークで実践してみませんか? 最大、年度内の2カ月間利用(連続・単月可能)いただけます。
テレワークを実施している企業(社員)もしくは個人事業主の方々、さらに関係するお仕事仲間でのプロジェクト遂行など、複数人の利用も可能です(要相談)。
なお、令和3年度の利用者からの声には、もっと遊び道具(キャンプ道具・ロードバイクなど)を持参しておけばよかったとお聞きしています。
なぜなら、楽しみがあることで仕事への集中力が変わるようです!

受付期間

令和3年10月15日(金) ~ 令和3年12月14日(火)

利用期間

令和4年4月1日(金) ~ 令和5年3月31日(金)

注意点

先着ではありません。申し込みが重複した場合には、時期の調整や厳選な抽選のもとで利用いただく方を決定します。
なお、期間中はSNSにて美瑛町の情報発信、まちづくりに対する提案をいただきます。
​​​​​​
 

家令和3年度各住宅の使用状況PDF(97.83 KB)家

 
Home Office

令和3年度からの「美瑛でテレワーク【テレワーク推進事業】」では、Home Officeを2棟用意し、美瑛町に住みながらお仕事をしつつ、まちの様子を皆さんに感じていただいています。
さらに、テレワークを通じ当町に訪れた方たちの発想を参考にさせていただき、より町の発展・活性化に向けた事業を展開しています。

 

幸町住宅1号室(5LDK)

■住  所 北海道上川郡美瑛町幸町3丁目1番34号
      ※通称・ホワイトハウス
■使用料金 月額61,000円
      光熱水費及びネット通信費無料
■設 備 等 無料Wi-Fi・プリンター・生活家電各種完備・調理器具及び食器類
      ワークデスク及びモニター各2台


△住居外観

△リビング

△ワーキングスペース

幸町住宅2号室(3LDK) 令和3年8月改修しました!!

■住  所  北海道上川郡美瑛町幸町3丁目1番31号
       ※通称はまだありません
■使用料金  月額60,000円
       光熱水費及びネット通信費無料
設備等   wi-fi・プリンター・生活家電各種完備・調理器具及び食器類
       ワークデスク及びモニター3台 

△外観
△リビングダイニング
ワーキングスペース

△キッチン

△バスルーム

△開口部185㎝の車庫
■室内の様子を動画で紹介しています。ぜひご覧ください。

共通事項

■消耗品について
 家財・電化製品は一式取り揃えていますが、洗剤類やトイレットペーパー等の消耗品については利用者負担にて用意いただいています
■利用対象者
・美瑛町外に所在する企業及び個人事業主
※同一企業におけるグループ利用もしくは関連団体による複数人利用可
・期間中、SNSにて美瑛町の情報発信ができる方
・期間中、まちづくりに対する提案ができる方
・美瑛町暴力団の排除の推進に関する条例第2条第3号に規定する暴力団関係事業者に該当していない方
■利用申請方法
下記の申請書に必要書類を添付し申請してください。
・幸町住宅1号室(別記様式第1号XLSX(12.09 KB))

・幸町住宅2号室(別記様式第1号XLSX(12.07 KB))
・企業(個人事業主)の事業概要の分かるもの(企業パンフや概要など)
・美瑛町で行う事業計画書(任意様式)
※1 
幸町住宅1号室の使用についてDOC(40.50 KB)
   幸町住宅2号室の使用についてDOC(40.50 KB)

Satellite office
■住  所 北海道上川郡美瑛町本町1丁目5番8号 ビ・エール2階
■設 備 等 無料Wi-Fi・モニター3台(2階カウンター)    

△利用イメージ

△ビ・エール外観

△2階カウンターのモニター

Special Support(美瑛町テレワーク推進助成金交付事業)

■助成額 使用料の2分の1を助成
 ①助成額の2分の1は美瑛町電子地域通貨 15,000ポイント(美瑛町内のみで利用可能)
 ②助成額の2分の1(15,000円)は助成金
  ※申請の上、決定後に指定口座に振り込みます
■交付期間 上限2カ月
■助成金交付申請
・使用許可書の写しと共に「美瑛町テレワーク推進助成金交付申請書(別記様式第1号DOC(39.50 KB))」を提出
 してください。
・助成金の可否を申請者に通知しますので、決定を受けた方は「美瑛町テレワーク推進助成金請求
 書(別記様式第3号DOCX(15.65 KB))」にて請求願います。
■助成金の取り消し
 交付決定者が虚偽の申請その他不正行為があった場合等には、助成交付決定の取り消し、変更、 
 すでに交付した助成金の返還を命じることがあります。

Access

・旭川空港から車で約15分で往来可能なため、羽田空港等との移動も大変便利な立地です。
 駐車料金についてはこちらをご覧ください
・富良野バス(ラベンダー号)での移動も可能です。時刻表等はこちらをご覧ください
・住宅位置図(下記を参照ください)

Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

まちづくり推進課 移住定住推進室
電話:0166-74-6171

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る